ハイランドパーク 12年 700ml 40度: ネットショッピング 飲み系 お酒の世界

2012年03月10日

ハイランドパーク 12年 700ml 40度



販売店の説明


シングルモルトを熟知したロンドンのプロバーテンダーは 「ハイランド・パーク」を“スモーク&ハニー”と評します。

 “スモーク”とは、メインランド島の大地から採れる、ここに しかない貴重なピート(泥炭)からもたらされるもの。地中で8,000年から16,000年余りの歳月を経たピートは、原料の大麦を乾燥する際に焚かれ、独特なスモーキーフレーバーを麦に付着させます。また“ハニー”とは、十分な熟成が生む上質なコニャックのような甘さ。この両者がこそが「ハイランド・パーク」の最大の魅力なのです。

“フロアモルティング”という地道で手間のかかる作業は、蒸溜所の最も奥にある土間で行われています。木製のスコップを振るい、麦を撹拌するモルトマン。摂氏15度の室内で、麦芽は発熱を伴いながら成長を促されていきます。そしてこれを16度に保つため、この撹拌作業は7日間も繰り返されます。麦芽製造を外部工場に委託する蒸溜所が増える中、「ハイランド・パーク」では約20%の麦芽を自社生産しています。

【手間と時間を惜しまない製造工程】

・モルティング
 3回にわたり水に浸され、水分をたっぷりと含んだ大麦は、フロアモルティングの工程を経た後に乾燥されます。またその際、ピートも一緒に焚き込むことで独特のスモーキーフレーバーが麦に付着します。

・マッシュ
麦芽は粉砕され、ハスク、グリッツ、フラワーに。ちなみに比率は2:7:1。お湯と混ぜ合わせた後、マッシュ・タン(糖化槽)で糖化されます。

【ハイランドパーク12年】

ファーストフィルのシェリー樽比率は20%で、残りはリフィルのシェリーカスク。「ハイランド パーク」の入門編である12年は個性を強く主張していて、どのような飲み方でも素晴らしいおいしさが楽しめます。

【ハイランドパークの楽しみ方】

食事と合わせるなら断然ソーダ割り、水割りなら魚介類テリーヌや燻製などがおすすめです。

【テイスティングノート】

・Aroma:ピーティでスモーキー。ヘザーの湿地。かすかなシェリー香と蜂蜜の甘さ。

・Palate:ビターチョコ、オレンジピール。やがてヘザーのようなドライフレーバー。

・Finish:湿った土やヘザーのフレーバーが長く続く。バランスが良くて、やがてヘザーハニーの香りが広がる。

G&M ハイランドパーク 8年 700ml

G&M ハイランドパーク 8年 700ml
価格:3,864円(税込、送料別)















































posted by ノミモモ at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。