[2003] シャトー・デ・ロシェール 750ml  (リュサック・サンテミリオン): ネットショッピング 飲み系 お酒の世界

2012年03月20日

[2003] シャトー・デ・ロシェール 750ml  (リュサック・サンテミリオン)



販売店の説明

またまた店長、おいし〜いボルドーを探してきましたよ〜♪ 事の起こりは、ボルドー在住の友人がおりまして、彼女は ボルドー大学を卒業し、ボルドーワイン委員会のメンバー。
そう、いうまでもなく、ワインのプロ中のプロなのです。 フランスの○○○で学びました、という経歴の 人は今では珍しくなくなりましたが、彼女のようにボル大 で本格的にきちんとワイン学を学び、卒業した日本人も 大変少なく、女性ではほとんどいないのではと思います。

つまり、ワインを見る目は大変確かで、長年のお付き合いで安心して 紹介をしてもらえる人なのです。 さて、そんな彼女に前前から、「いいワイン紹介して〜。」と おねだりをしていたのですが、「これどう?サンプル送ろうか?」 と、やってきたのが、本日のシャトーロシェール。

ボトルを開けて鑑定してみると、香り、口ざわり、まろやかさ、 しっとりと熟成感のある仕上がりは、もう完璧! ではありませんか。

さっすが、いい味だしてるわ、ドンピシャのおいしさに、 「すごくよかったから、お願いね!」
「はいはい、OK、手配するね。」 そして無事日本に着いて、本日ご紹介できる運びとなったのでした。

その後、ワイナリーの詳細を教えてもらって、なぜこんなにも おいしいかよく分かりました。 このワインはヴィニョーブル・ルソーという生産者があの シンデレラワインの宝庫サンテミリオンの衛星地区、 リューサック・サンテミリオンに持っている2.77ヘクタール という小さな小さな畑で一生懸命作っているブドウから生まれたのでした。

サンテミリオンの地価が高騰し、この衛星地区は、 最近有名蔵が次々と畑を買い求めている話題の場所。

粘土質の畑に植えられすくすく育ったブドウの木は今や 平均樹齢35歳の古木のメルロー。 どうりで風味がまろやかで粘りがあるはず! 

ロシェールは100%メルローで純粋にしっとりした 熟成感を存分に楽しめる構成になっています。 最も相性よい粘土質の畑で育つメルローの贅沢なまでのおいしさは、 もう皆様に、「ね、ね、これ飲んで!絶対はずれなし!」 と声を大にしていいたい出来栄えなのです。

しかも、この99年は難関パリ農業コンクールで、ゴールドメダルに 見事輝き、10年間で著名なボルドーのコンクールでも多くのメダルを 獲得し、あの有名評価本アシェット・ガイドでも推奨されているのです。

まずは鑑定をご覧ください、もちろん絶対はずれなしです!



posted by ノミモモ at 14:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。