ラヴィエーユ・フェルム コート・デュ・リュベロン 白 2010 750ml: ネットショッピング 飲み系 お酒の世界

2012年03月26日

ラヴィエーユ・フェルム コート・デュ・リュベロン 白 2010 750ml



販売店の説明


ドメーヌ・ペラン社のワイン造りは、コート・デュ・ローヌ地方のシャトーヌフ・デュ・パプ、クールテゾン村のシャトー・デュ・ボーカステルで1909年に始まりました。その後、4代目のジャン・ピエール・ペラン氏が品質を飛躍的に向上させました。この土地では、強く吹き付けるミストラルによって夏の暑さから葡萄が守られ、また湿度の少ない乾燥した気候が保たれ、病気の発生が少なく、健全でしっかりと熟した葡萄がが得られます。

 1970年には『ラ・ヴィエイユ・フェルム』を発売。また、1989年には、カリフォルニア州パソロブレスに、ボーカステルの台木・穂木を使用した『タブラス・クリーク』をリリース、市場で評判となりました。

 1964年より葡萄畑に化学肥料は一切使用していないペラン家では、葡萄の搾りかすや羊の堆肥から作った混合物を肥料とし使用しています。そうすることで、土壌の中の微生物のバランスが取れ、自然の養分によって病害に強い葡萄が生まれます。

 また、ペラン家では他の生産者と異なり、ジャック・ペラン氏の開発した独自の方法を取り入れています。収穫された葡萄は厳しく選果され、除梗を行ます。その後、瞬間的に80度まで熱し、すぐに20度前後に冷やすという『フラッシュ・ヒーティングシステム』によって雑菌を除去し、亜硫酸を極力使用せずして、最高のアロマと色を出すことが可能となっています。

 ローヌ地方では、オーガニック農法のその先駆者として知られており、「ワインは自然の力だけで造るもの」というポリシーを貫いて、欧米市場を中心に幅広く支持されています。





posted by ノミモモ at 13:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。